ひまわりネットとは

名称の由来

 ひまわりの花は、平成19年に市の花に選ばれました。

 また、はなびらに見える黄色の部分や中央の茶色い部分もそれぞれ形の違う一つひとつの小さな花であり、その一つひとつの花が集まって、大きな花となっており、その姿が、市民を中心に連携する医療・介護関係者の姿とイメージが重なったため、「船橋在宅医療ひまわりネットワーク」という名称になりました。

 

船橋在宅医療ひまわりネットワークとは

 平成25年5月に設立された、医療・介護関係団体及び行政(船橋市)の25団体で組織する任意団体です。

 今後の急速な高齢化に備え、地域包括ケアシステムの核となる在宅医療の充実と医療・介護の連携を推進するために、多職種間での顔の見える連携づくり、人材の育成、在宅医療提供時における支援体制の検討等の活動を行っています。

 

ひまわり組織図(H29.4.1~)

構成団体(25団体)

船橋市医師会・船橋歯科医師会・船橋薬剤師会・千葉県看護協会・千葉県理学療法士会・

千葉県作業療法士会・千葉県言語聴覚士会・千葉県歯科衛生士会・船橋市介護支援専門員協議会・

船橋市ソーシャルワーカー連絡協議会・ふなばし市訪問看護連絡協議会・船橋市訪問介護事業者連絡会・

千葉県在宅サービス事業者協議会・船橋市栄養士会・船橋市介護老人保健施設協会・

船橋市老人福祉施設協議会・船橋市認知症高齢者グループホーム連絡会・

NPO法人千葉・在宅ケア市民ネットワークピュア・船橋市回復期リハビリテーション病棟連絡会・

船橋市訪問リハビリテーション連絡会・船橋市通所リハビリテーション連絡会・

船橋市デイサービス連絡会・船橋市障害福祉施設連絡協議会・船橋市小規模多機能型居宅介護連絡会・

船橋市

ひまわりネットワークのロゴ・マークが出来ました

 

ひまわりロゴ・マーク

 千葉工業大学創造工学部デザイン科学科の赤澤智津子教授と研究室学生のみなさまに

ひまわりネットワークのロゴ・マークを作成していただきました。

 

 ロゴ・マーク発表会の様子

DSC_4422DSC_4393

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4445DSC_4464