第2回市民公開講座 / 船橋在宅医療ひまわりネットワーク


「最期まで自分らしく」を考える

 病気や不安を抱えて医療や介護が必要になったとき、あなたはどこで、だれと、どのように暮らしたいと思いますか?どうしたら住み慣れた地域や家で暮らし続けることができるのでしょうか?

 第1部では「市ヶ谷のマザー・テレサ」と呼ばれ、訪問看護の先駆者的存在の秋山正子さんによる基調講演を、第2部では船橋市内で在宅医療を行う医師などの専門職と、地域で活動を行う市民活動団体の方々とのパネルディスカッションを行います。

 一緒に「最期まで自分らしく」を考えませんか?

秋山氏画像

基調講演講師の秋山正子氏

  →開催内容はこちらをご覧ください。

日 時

平成27年11月7日(土曜日) 13時~15時30分(開場:12時30分)

会 場

保健福祉センター 大会議室(2階)

(船橋市1-16-55)

内 容

1. 基調講演「どんなときでも、命は輝く~最期まで自分らしく生きるを支える~」

 【講 師】訪問看護師 秋山 正子 氏

      (株)ケアーズ白十字訪問看護ステーション・ヘルパーステーション統括所長

      暮らしの保健室室長・NPO白十字在宅ボランティアの会理事長

      NPO maggie’s Tokyo 共同代表

 【座 長】船橋市医師会 理事 中村 順哉 氏

2.パネルディスカッション「船橋で最期まで自分らしく暮らしたい」

 【パネリスト】つばさ在宅クリニック 院長 医師 永島 徳人 氏

        船橋市かざぐるま休日急患・特殊歯科診療所 管理者 歯科医師 田代 晴基 氏

        セコメディック訪問看護ステーション所長 看護師 市川 清実 氏

        特定非営利活動法人コミュニティサロン・あまやどり 理事長 田部 優 氏

        二和グリーンハイツにこにこ支援の会 代表理事 井ノ上 国吉 氏

 【コメンテーター】基調講演講師 訪問看護師 秋山 正子 氏

 【進 行】船橋市医師会 理事 梶原 崇弘 氏

対 象

市内在住・在勤・在学の方

定 員

200名

参加費

無料

主 催

船橋在宅医療ひまわりネットワーク

申込み

次のいずれかの方法により、お申込みください。

①電話

②チラシの裏面申込書に記入してFAX

③チラシの裏面申込書の内容を記入したメール

 

 ↓チラシはこちらからダウンロード↓

開催案内チラシ(PDFファイル:836KB)

申込期日

平成27年10月26日(月曜日)

お問合わせ・申込先

船橋在宅医療ひまわりネットワーク事務局(船橋市 健康政策課 地域包括ケアシステム推進室内)

TEL:047-436-2354

FAX:047-436-2409

E-mail:hokatsu-care@city.funabashi.lg.jp