Rules船橋市における在宅医療・介護連携の心得

船橋市における在宅医療・介護連携の心得

医療・介護連携を円滑に行うべく、医療・介護関係者の皆様から入退院における困りごとを聞き、これを解決するために必要な約束事を「心得」と位置付け、基本的な行動等を明示したものです。

皆さんで使用していくことで、入退院時の連携が円滑に行われ、皆さんの仕事も円滑に進められることが期待できます。なおかつご本人(利用者・患者)やそのご家族も安心して希望する生活を送れるよう支援していくものです。

今後状況に応じて心得の内容を変更することがあります。

よくあるご質問

  • Q. 説明会に出席できなかったので心得が手元にありません。どうしたらいいですか?

    A. このホームページからダウンロード可能です。また、事務局から郵送も可能です。下記お問い合わせ先にご連絡下さい。

  • Q. 心得を使用したいのですが、相手が知らない場合は使用するように話してもいいの?

    A. 是非使用していただけるようにお勧めしていただきたいですが、この心得は強制力のあるものではありません。「必ず使わなければならない」といった説明はご遠慮下さいますようお願いします。

  • Q. 心得は必ず使用しなければならないの?ペナルティはあるの?

    A. 強制ではありませんが、医療・介護に関わる皆さんが、この心得に沿って業務を行っていただくことで、よりよい連携が図れることが期待されます。円滑な業務の遂行は皆さんの業務量にも良い意味で影響されることと思います。
    ペナルティはありません。